日本のギャンブルの現状はいかに?

日本では、ギャンブルは非常にデリケートな問題です。ギャンブルは、法律上2018年まで禁止されていたこともあり、大衆が受け入れるには、まだまだ時間が必要です。「ギャンブル」と聞くと、違法賭博を闇で取り仕切っている、ヤクザを思い浮かべてしまうのです。ヤクザと関わるとろくなことにならないと思うのは当然であり、関わらないのが賢明です。しかし日本には、以前から合法的なギャンブルもありました。

例えば、パチンコは100年以上前から存在しています。パチンコは日本で最も人気のゲームの1つです。パチンコを知らない日本人はいないほどです。財布を空にしてしまう可能性のある機械、それがパチンコです。スロットマシンによく似たピンボールのようなものです。

欧米のスロットのボーナスはフリースピンですが、パチンコでは玉が出てきます。日本の規制では、パチンコ店内で現金を賞品として提供することは、禁止されていますが、タバコ、チョコレート、ライター、ボールペンなどは認められています。パチンコ台には、耳に心地よい曲やスロットのような液晶画面が搭載されており、ユーザーを飽きさせないように工夫されています。

日本では、多くのギャンブルが禁止されていますが、パチンコ以外にも例外として、競馬や一部のモータースポーツなども認められています。

一方、今後カジノでお金を賭けてギャンブルができるのは、統合型リゾート(IR)においてのみとなりそうです。カジノには、入るだけで6,000円の入場料が課せられます。これは国民をギャンブル依存症にしないための工夫です。日本は先進国の一つであり、国民の貯金がすべてカジノにのまれるのは、恥ずべき事態なのです。カジノ関係者は長い間、カジノ合法化を求めて戦ってきました。しかし、市民の大きな関心を集めたにもかかわらず、この案は長い間承認されませんでした。その後2018年、日本でのIR建設を正式に認める法案が国会で承認されました。

すでに述べたように、カジノに対する国民のイメージを改善できない最大の理由は、日本のあらゆるギャンブルが悪名高きヤクザと繋がっているという点にあります。彼らは日本中で違法カジノを運営していることで知られています。また多くの雀荘店では賭け麻雀をしていますが、賭けに負けて支払いができない場合、ヤクザが家まで借金の取り立てに来るという恐ろしい事態になるのです。

日本政府は2020年1月7日、IR事業者によるカジノ運営を厳しく監視するためのカジノ管理委員会(JCRC)を設置しました。JCRCは、カジノライセンスの付与・取り消しを行うこともできます。多くの人々が、国内でもお金を賭けてカジノゲームができるようになることを期待していますが、現状を考えると、これはまだ先のことになりそうです。今のところは、ただ様子を見守るしかないようです。いかがでしたか?当記事をお楽しみいただけたでしょうか。ギャンブルに関する他のコンテンツも是非チェックしてみてくださいね!